デスクワークでストレッチ

長時間のデスクワークで疲れたら

長時間デスクワークをしていると、どうしてもつらい肩こりや腰痛などの症状が出てきてしまいます。
とはいえ納期が近かったり、自分の作業が次の工程の人を待たせているようなことがあると、そうそうのんびりと休憩をとっているわけにはいきません。

気分をリフレッシュしたいときや、肩コリがあまりにも辛くなってきたときには、ちょっとしたデスク内でできるストレッチ方法を覚えておくと便利です。

見た目としてはちょっとした動作ですが、うまく行えばかなり快適に身体の部分をのばしたりほぐしたりすることができます。

首と肩のコリをすばやく取る

デスクワークで一番つらいのは首と肩のコリです。
そこですばやく疲れをとるためには、まずは姿勢をまっすぐに背筋をのばした体勢で首を思い切り後ろに反らせます。
そのあと数秒したら今度は下を向き、再び顔を正面に戻したら今度は首をグルグルと回していきます。

これだけでもかなり楽になりますが、もうちょっと時間があるなら今度は両手を頭の後ろで組んでまっすぐ座ってみます。
腕を頭の後ろに乗せた状態で再び上を向いてみます。
そのあと上向きと下向きを数秒ごとに交互に繰り返すのですが、コツとしては頭を上に向けるときは視線をできるだけ下げるようにし、反対に頭を下げるときには視線を上向きにするようにするということです。

この動作を何度か行っていると自然と肩こりがほぐれて眼と首のコリも楽になります。

急いでいるときなどには短時間でスッキリとすることができます。
眠気を感じたときにも効果があるので、もうちょっと頑張りたいというときにはぜひやってみてください。