料理教室で女磨き

実は私、ほとんど料理ができないんです。
他のブログで書いた、お鍋なんかはもちろんできますが、タンドリーチキンは素を使っているし、煮物はめんつゆで煮てしまいます。
昆布だし以外のおだしをとったことなんて、家庭以下の実習以外ではないですし、これでは女子としてさすがにまずいのでは!?と思い、料理教室に通い始めました。

料理教室にもいろいろあって、洋食メインで教えてくれるところ、おもてなし料理を中心に教えてくれるところなどがあるのですが、私はまずは基本ということで、家庭料理の料理教室似通うことに。
初めてつくった料理は肉じゃがで、お出汁ももちろんきちんととりました。
先生がついていてくれたので指導していただいたとおりに作業をしたら、まろやかでうまみのあるだしがとれました!
でも、家に帰ってからも同じことができるかしら……。

とても楽しい料理教室なのですが、ネイルを施してある私の手を見て、先生が「ちょっと爪が長すぎるんじゃない?お米をといだら爪の中にお米が詰まってしまうわよ」といわれてしまいました。
事実、たまにお米をといでいるときに詰まってしまうことはあるのですが、料理教室でツッコミが入るとは思わなかったのでびっくり。
ネイルをやめるつもりは毛頭ありませんが、料理教室に通っている間は、ほかの方の事も考えて、もう少し爪を短くしてもらうことにしましょう。

出来上がった肉じゃがはとってもおいしくできました!
私の母は、肉じゃがを豚肉でつくっていたのですが、スタンダードの肉じゃがは牛肉でつくるんですね、新鮮でとてもおいしかったです。
お味噌汁もだしがきいていてとって美味。先生に煮干しダシの水出しの方法を聞いたので、早速帰りに煮干しを買ってやってみたのですが、煮干しの香りはするものの、味がちっともなくて、恐らく失敗したと思われます。
内蔵をとった煮干しを見ずにつけておくだけといわれたのに、どうしておいしくできないんだろう?次の料理教室で早速聞いてみようと思います。

料理をはじめ、何かをつくるということはとても楽しいですね。
片付けはちょっと面倒なんですけど、つくるのもすごく楽しいし、自分がつくった料理をいおいしいといって食べてもらえたら、きっともっとうれしくて、料理が楽しくなると思うので、これからもっといろいろな料理を覚えたら、友達や職場の人を招いてホームパーティーなんかも開催しちゃいたいと思います。その日に向けてお料理頑張ろう!